上方いろはかるたに使用されていることわざの一覧。
【い】一寸先は闇
【ろ】論語読みの論語知らず
【は】針の穴から天を覗く
【に】二階から目薬
【ほ】仏の顔も三度
【へ】下手の長談義
【と】豆腐に鎹
【ち】地獄の沙汰も金次第
【り】綸言汗の如し
【ぬ】糠に釘
【る】類を以て集まる
【を】鬼も十八
【わ】笑う門には福来る
【か】蛙の面に水
【よ】夜目遠目笠の内
【た】立て板に水
【れ】連木で腹切る
【そ】袖の振り合わせも他生の縁
【つ】月夜に釜を抜かれる
【ね】猫に小判
【な】済す時の閻魔顔
【ら】来年の事を言えば鬼が笑う
【む】馬の耳に風昔取った杵柄
【う】氏より育ち
【ゐ】鰯の頭も信心から
【の】鑿と言えば槌
【お】負うた子に教えられて浅瀬を渡る
【く】臭い物に蠅がたかる
【や】闇夜に鉄砲
【ま】蒔かぬ種は生えぬ
【け】下駄と焼き味噌
【ふ】武士は食わねど高楊枝
【こ】これに懲りよ道才坊
【え】縁と月日/縁の下の力持ち
【て】寺から里へ
【あ】足元から鳥が立つ
【さ】竿の先に鈴
【き】鬼神に横道なし/義理と褌かかねばならぬ
【ゆ】幽霊の浜風
【め】盲の垣覗き
【み】身は身で通る裸ん坊
【し】吝ん坊の柿の種
【ゑ】縁の下の舞/縁と月日
【ひ】瓢箪から駒が出る
【も】餅は餅屋
【せ】せんちで饅頭/栴檀は双葉より芳し
【す】雀百まで踊り忘れぬ
【京】京に田舎あり

関連ページ

TOP