尾張いろはかるたに使用されていることわざの一覧。
【い】一を聞いて十を知る
【ろ】論語読みの論語知らず六十の三つ子
【は】花より団子
【に】憎まれっ子頭堅し/憎まれっ子神直し
【ほ】惚れたが因果
【へ】下手の長談義
【と】遠くの一家より近くの隣
【ち】地獄の沙汰も金次第
【り】綸言汗の如し
【ぬ】盗人の昼寝
【る】類を以て集まる
【を】鬼の女房に鬼神
【わ】若い時は二度ない
【か】陰裏の豆もはじけ時
【よ】横槌で庭を掃く
【た】大食上戸餅食らい
【れ】連木で腹切る
【そ】袖の振り合わせも他生の縁
【つ】爪に火をともす
【ね】寝耳に水
【な】習わぬ経は読めぬ
【ら】楽して楽知らず
【む】無芸大食
【う】牛を馬にする
【ゐ】煎り豆に花が咲く
【の】野良の節句働き
【お】陰陽師身の上知らず
【く】果報は寝て待て
【や】闇に鉄砲
【ま】待てば甘露の日和あり
【け】下戸の建てた蔵はない
【ふ】武士は食わねど高楊枝
【こ】志は松の葉
【え】閻魔の色事
【て】天道人殺さず
【あ】阿呆につける薬はない
【さ】触らぬ神に祟りなし
【き】義理と褌かかねばならぬ
【ゆ】油断大敵
【め】目の上の瘤
【み】蓑売りの古蓑/身内が古み
【し】尻食らえ観音
【ゑ】縁の下の力持ち
【ひ】貧僧の重ね食い
【も】桃栗三年柿八年
【せ】背戸の馬も相口
【す】墨に染まれば黒くなる

関連ページ

TOP