他山の石

読み

たざんのいし

他山の石の意味

他人のどんな言動でも、たとえそれが誤っていたり劣っていたりした場合でも、自分の知徳を磨いたり反省の材料とすることができるというたとえ。

他山の石の解説

『詩経-小雅・鶴鳴』の「他山の石、以て玉を攻むべし」とある。
よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石に利用すれば自分の玉を磨くのに役立つという意味で、他人の誤りを自分の修養の役に立てることをいう。

出典

『詩経』小雅・鶴鳴

注意

目上の人に使うのは誤り。
誤用例 「師匠の言動を他山の石とし、精進していきます」

対岸の火事」と混同して、自分とは無関係の意味で使うのは誤り。
誤用例 「あの事件でみんな大騒ぎしているが、私にとっては他山の石だ」

類義語

他山の石以て玉を攻むべし/玉を攻むるに石を以てす/殷鑑遠からず人こそ人の鏡/人を鑑とせよ/人を以て鑑と為す/上手は下手の手本下手は上手の手本/人の振り見て我が振り直せ/人の上見て我が身を思え/前車の覆るは後車の戒め覆轍

対義語

英語

a whetstone for the wits.(才知を磨く砥石)
The fault of another is a good teacher.(他人の失敗はよい教師である)

例文

彼の言動を批難するばかりでなく、他山の石とすべきだ。あなたにも似たようなところがあるだろう。

分類

索引語

他山

関連リンク

TOP