連理の枝

読み

れんりのえだ

連理の枝の意味

男女の情愛、特に夫婦の情愛がきわめて深く、仲むつまじいことのたとえ。

連理の枝の解説

連理となった枝の意味から。
「理」とは「木目」のことで、「連理」は2本の木が枝が連なって木目が通じ合っていること。

中唐の詩人・白居易の『長恨歌』の中に、玄宗皇帝と楊貴妃が七夕の夜に愛を誓い合った言葉として、「天に在りては願わくは比翼の鳥と作り、地に在りては願わくは連理の枝と為らん(天上では二羽一体で飛ぶ比翼の鳥に、地上では二本の枝がくっついた連理の枝になろう)」とある。

出典

白居易・詩『長恨歌』

注意

類義語

天にあらば比翼の鳥、地にあらば連理の枝/地にあらば連理の枝/比翼連理/比翼の鳥/鴛鴦の契り/おしどり夫婦/偕老同穴/琴瑟相和す/形影相伴う/形影一如/比目の魚/濃茶の仲/鳳凰于飛/関関雎鳩/関雎之化/挙案斉眉/お前百までわしゃ九十九まで

対義語

英語

例文

あの夫婦はまさに連理の枝のようだ。

分類

索引語

連理

TOP