先ず隗より始めよ

読み

まずかいよりはじめよ

先ず隗より始めよの意味

遠大な事業や計画を始めるときには、まずは手近なところから着手するのがよい。また、物事は言い出した者から始めよというたとえ。

先ず隗より始めよの解説

「隗」とは、中国の戦国時代の人物、郭隗のこと。
どうすれば賢者を招くことができるかと、燕の昭王に問われた時、郭隗が「まず私のような凡人を優遇することから始めて下さい。そうすれば優秀な人材が集まってくるでしょう」と言ったという故事に基づく。

出典

『戦国策』

注意

魁より始めよ」と書くのは誤り。

類義語

隗より始めよ/賢を招くには隗より始めよ/死馬の骨を買う/大功を天下に建つる者は必ず先ず閨門の内を修む/所帯と火焚きとは小さい所から始めよ/小さく生んで大きく育てる/口に箒

対義語

英語

Practice what you preach.(自ら説くところに実行せよ)

例文

先ず隗より始めよと言いますから、この企画を発案した私が自ら営業に回ろうと思っています。

分類

索引語

先ずより始める

TOP