花より団子

読み

はなよりだんご

花より団子の意味

風流よりも実益、形式や外観よりも実質を重んじることのたとえ。また、風流を解さない人を批判するときの言葉。

花より団子の解説

花見に行っても、見ていて美しい桜の花より、腹の足しになる茶店のおいしい団子を喜ぶことから。
『江戸いろはかるた』』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。

出典

注意

「花見より団子」というのは誤り。

類義語

色気より食い気/花の下より鼻の下/心中より饅頭/一中節より鰹節/理詰めより重詰め/名を捨てて実を取る/見栄張るより頬張れ/義理張るより頬張れ/詩を作るより田を作れ/恋するより徳をしろ

対義語

得を取るより名を取れ/利を取るより名を取れ

英語

Pudding before praise.(賞賛よりもプディング)
Better have meat than fine clothes.(美しい服よりも食べ物のほうが良い)

例文

花より団子で、表彰状よりも金一封でも貰ったほうがありがたかった。

分類

索引語

より団子

TOP