琢磨

琢磨の解説

【読み方】
たくま

【意味】
琢磨とは、学問・技芸などを練り磨いて、ますます向上につとめること。

【注釈・由来】
「琢」は、のみで打つこと。
「磨」は、砂石でみがくことで、「琢磨」は玉や石を研ぎ磨くことを表す。
衛の武公を細工師の技工などにたとえて称えた、『詩経・衛風・淇奥』の「琢するが如く磨するが如く」から、学問・技芸などの向上につとめることを意味するようになった。

【出典】
『詩経』

【例文】
・琢磨することに終わりはない。
・人は琢磨して成長するものだ。
・より美しい演技にするため、日々琢磨している。

【注意】

琢磨の関連語

【類義語】
切磋琢磨/砥礪切磋/切磋

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】

【分類】
学問・才能・能力 > 学問・技芸

TOP