天下取っても二合半

読み

てんかとってもにごうはん

天下取っても二合半の意味

あまり欲張るなという戒め。

解説

たとえ出世し天下を取った人間でも、一食に二合半ほどの米を食べるのが限度であることから。
起きて半畳寝て一畳」の後に続けて言うことが多い。

天下取っても二合半の追加情報

出典

注意

類義語

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半/千石万石も飯一杯/千石万石も米五合/千万石も腹一杯/千万石も米五合/良田の万頃なるも日に二升を食う/千畳万畳只一畳、千石万石一杯の飯/起きて半畳寝て一畳立って半畳寝て一畳足るを知る者は富む

対義語

英語

例文

そんなに買い占める必要はないだろう、天下取っても二合半だ。

天下取っても二合半の関連情報

分類

索引語

天下取る二合半

TOP