起きて半畳寝て一畳

読み

おきてはんじょうねていちじょう

起きて半畳寝て一畳の意味

人は必要以上の富貴を望むべきではなく、満足することが大切であるという教え。

解説

人間一人が占める広さは、起きているときで半畳、寝るときで一畳あれば足りることから。
後に「天下取っても二合半」と続けてもいう。

起きて半畳寝て一畳の追加情報

出典

注意

類義語

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半/立って半畳寝て一畳/寝れば一畳起きれば半畳/起きて三尺寝て五尺/起きて三尺寝て六尺/千畳にも一畳/千畳敷で寝ても畳一枚/大廈千間夜臥八尺/千畳万畳只一畳、千石万石一杯の飯/良田の万頃なるも日に二升を食う/天下取っても二合半足るを知る者は富む

対義語

英語

例文

起きて半畳寝て一畳だ、贅沢を言えばきりがない。

起きて半畳寝て一畳の関連情報

分類

索引語

起きる半畳寝る一畳

TOP