連木で腹を切る

読み

れんぎではらをきる

連木で腹を切るの意味

どうやっても不可能なことのたとえ。

連木で腹を切るの解説

「連木」とは、西日本の方言で「すりこぎ」のこと。
すりこぎを刀の代わりにしても腹は切れないことから。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。

出典

注意

類義語

擂り粉木で腹を切る/ますげで腹切る/杓子で腹を切る/切匙で腹を切る/擂り粉木で芋を盛る/杵で頭を剃る/豆腐の角で頭を割る/竿竹で星を打つ

対義語

英語

例文

この勝負に勝てると言うなんて、連木で腹を切るようなものだ。

分類

索引語

連木切る

TOP