豆腐に鎹

読み

とうふにかすがい

豆腐に鎹の意味

少しも手応えや効き目がないことのたとえ。

解説

「鎹」とは、材木と材木をつなぎとめる「コ」の字型の釘のこと。
やわらかい豆腐に鎹を打ち込んでも何の手応えもないことから、いくら意見などしても一向に効き目がないことの意味。
上方いろはかるた』の一つ。

豆腐に鎹の追加情報

出典

注意

糠に釘」と混同して「糠に鎹」としたり、「暖簾に腕押し」と混同して「豆腐に腕押し」とするのは誤り。

類義語

豆腐に金槌/糠に釘/沼に杭/まな板に針/水に大太刀/生木に釘/生木に鉈/生壁の釘ごたえ/綿を釘付けにするよう/暖簾に腕押し石に灸/沢庵のおもしに茶袋/鹿の角を蜂が刺す/牛の角を蜂が刺す/蛙の面に水

対義語

英語

It is like beating the air.(空気を叩くようだ)
Bolt the door with a boiled carrot.(ゆでた人参で戸締りする)
All is lost that is given to a fool.(愚か者に与えられるものは全て無駄になる)

例文

どんなに君が彼のためを思って働きかけたところで、豆腐に鎹だよ。

豆腐に鎹の関連情報

分類

索引語

豆腐

TOP