盗人に追い銭

読み

ぬすびとにおいせん

盗人に追い銭の意味

損の上にさらに損を重ねることのたとえ。

解説

「追い銭」とは、支払った上に、さらに払う余分な金。
盗人に物を盗まれた挙句、さらに金銭をくれてやる意味から。

盗人に追い銭の追加情報

出典

注意

「追い銭」を「おいぜに」とは読むのは誤り。

類義語

泥棒に追い銭/盗人に追い/盗人に追いを打つ/盗人に銀の鉈/盗人に物とられた上に棒を貸す

対義語

英語

Throwing good money after bad.(損失に対してさらに大金をつぎ込む)

例文

向こうが浮気をしたから別れることになったのに、手切れ金を支払ったなんて、まるで盗人に追い銭じゃないか。

盗人に追い銭の関連情報

分類

索引語

盗人追い銭

TOP