乾坤一擲

読み

けんこんいってき

乾坤一擲の意味

運を天に任せ、一世一代の大勝負に出ることのたとえ。

乾坤一擲の解説

「乾」は「天」、「坤」は「地」、「乾坤」で「天地」の意味。
「一擲」はさいころを投げること。
天地をかけて一回さいころを投げるという意味から、自分の運命をかけて、のるかそるかの勝負に出ることをいう。
韓愈の詩「鴻溝を過ぐ」の「竜疲れ虎困じて川原に割ち、億万の蒼生、性命を存す。誰か君王に馬首を回らすを勧めて、真に一擲を成して乾坤を賭せん」に由来する。

出典

韓愈・詩「鴻溝を過ぐ」

注意

類義語

一擲乾坤を賭す/賽は投げられた当たって砕けろ一か八か/伸るか反るか/運否天賦/運は天にあり、牡丹餅は棚にあり

対義語

英語

All or nothing.(すべてか無か)
The die is cast.(賽は既に投げられた)

例文

この勝負が乾坤一擲で、吉と出るか凶と出るかはわからないが賭けてみよう。

分類

索引語

乾坤一擲

TOP