一か八か

一か八かの解説

【読み方】
いちかばちか

【意味】
一か八かとは、結果がどう出るかわからないが、運を天にまかせてやってみること。

【注釈・由来】
かるた賭博から生まれた言葉で、「一」は「丁」の上の部分、「八」は「半」の上の部分をとったものから。
また、「一」か「罰(壺皿に伏せたさいころに一の目が出るか、またはしくじるか)」かの意味からという説もある。

【出典】

【例文】
・成功する保証はないが、一か八か思い切って脱サラして独立してみよう。
・確実な道ばかり選んできたので、一か八かの勝負に出るのは今回が初めてだ。
・一か八かやってみて、ダメならダメでまた考えればいい。

【注意】

一か八かの関連語

【類義語】
一か六か/丁か半か/伸るか反るか/薦を被るか金鍔差すか/金鍔差すか薦被るか/乾坤一擲/一擲乾坤を賭す/賽は投げられた運否天賦/運は天にあり/物は試し当たって砕けろ

【対義語】
石橋を叩いて渡る念には念を入れよ

【英語のことわざ】
・Do or die.(するか死ぬか)

【索引語】

【分類】
人生・社会 > 天運・運命

TOP