門前の小僧習わぬ経を読む

読み方

もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ

門前の小僧習わぬ経を読むの意味・解説

門前の小僧習わぬ経を読むとは、日頃から見たり聞いたりしているものは、いつのまにか覚えてしまうものである。幼い頃の環境が人に与える影響の大きいことのたとえ。

由来などの解説

寺の門前に住んでいる子供や、いつも僧のそばにいる子供は、日頃から僧の読経を聞いているから、いつのまにか般若心経くらいは読めるようになることから。
人は自分の置かれている環境によって、無意識に影響を受けているという意味が込められている。
江戸いろはかるた』の一つ。

例文

門前の小僧習わぬ経を読むで、小さい頃から英語がペラペラだよ

英語のことわざ

A saint’s maid quotes Latin.(聖人の家の使用人はラテン語を引用する)
A good candleholder proves a good gamestar.(優れたろうそく持ちは立派な賭け事師になる)
※ 昔はろうそくの灯りで賭け事をしており、ろうそくを持つ仕事をしている者は仕事の傍らゲームのやり方を覚えた。

門前の小僧習わぬ経を読むの類語・対義語

類義語

門前の小僧/寺の辺の童は習わぬ経を読む/智者の辺の童は習わぬ経を読む/鄭家の奴は詩をうたう/勧学院の雀は蒙求を囀る/学校の側の童子は教えずして礼を行なう

対義語

習わぬ経は読めぬ

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

門前小僧習う読む

同じ音から始まる語

TOP