習慣は第二の天性なり

読み

しゅうかんはだいにのてんせいなり

習慣は第二の天性なりの意味

身についた習慣は、知らぬ間に深くしみこむものだから、生まれつきの性質のようになるということ。

習慣は第二の天性なりの解説

習慣が人の性質に大きな影響を与えるということ。
古代ギリシャの哲学者であるディオゲネスの言葉からとする説と、古代ローマの政治家・哲学者であるキケロの『至善至高論』とする説がある。

出典

注意

類義語

習い性となる/習慣は天性の如し/習慣は自然の如し/習慣は常となる

対義語

英語

Custom is a second nature.(習慣は第二の天性なり)
Habit is a second nature.(習慣は第二の天性なり)
Once a use and ever a custom.(一度癖になると習慣になる)

例文

習慣は第二の天性なりというから、子供のうちから規則正しい生活習慣をさせるようにしよう。

分類

索引語

習慣第二天性なり

TOP