渡る世間に鬼はなし

読み

わたるせけんにおにはなし

渡る世間に鬼はなしの意味

世の中には無慈悲な人ばかりではなく、親切な人も必ずいるということ。

渡る世間に鬼はなしの解説

「渡る世間」には、一生懸命に生きていればというニュアンスが含まれる。
世の中には鬼のように無情な人ばかりでなく、慈悲深く人情に厚い人もいるということのたとえ。
このことわざをもじったテレビドラマのタイトルが『渡る世間は鬼ばかり』だが、非常に人気を博したドラマだったことから、「鬼ばかり」が先にありが先にあり、「鬼はなし」は派生したものと思われることも多い。

出典

注意

類義語

渡る世界に鬼はない/浮き世に鬼はない/行く先に鬼はない/知らぬ他国にも鬼はない/地獄にも鬼ばかりはいない/世間に鬼はなし/世界に鬼はない/人に鬼はない/世に人鬼はない/捨てる神あれば拾う神あり/仏のある地獄/仏千人神千人

対義語

人を見たら泥棒と思え

英語

There is kindness to be found everywhere.(親切な人はどこにでもいる)

例文

人間不信になりかけていた時に、情深い人の優しさに触れ、渡る世間に鬼はなしだと思ったよ。

分類

索引語

渡る世間無い

TOP