雀百まで踊り忘れず

読み

すずめひゃくまでおどりわすれず

雀百まで踊り忘れずの意味

幼い時に身につけた習慣や若い時に覚えた道楽は、いくつになっても直らないたとえ。

解説

ここでの「踊り」は、雀の飛び跳ねるさまのことで、雀は死ぬまで飛び跳ねる習性が抜けないように、若い頃に身についた習性は年を取っても変わらないことをいう。
古くは「踊り」の連想から、道楽や浮気に対して使われることが多かったが、現代では若い頃に身についた習性全般について用いる。
「雀百まで踊り忘れぬ」とも。
上方いろはかるた』の一つ。

雀百まで踊り忘れずの追加情報

出典

注意

良い習慣や特技については使わない。
誤用例 「雀百まで踊り忘れずというが、父は還暦を過ぎても柔道が強い」

類義語

年は取っても浮気は止まぬ/頭禿げても浮気は止まぬ/漆剥げても生地は剥げぬ/噛む馬はしまいまで噛む/痩せは治るが人癖は治らぬ/病は治るが癖は治らぬ/産屋の風邪は一生つく/産屋の癖は八十までなおらぬ/三つ子の魂百まで/子供は大人の父である

対義語

英語

What is learned in the cradle is carried to the tomb.(ゆりかごの中で覚えたことは、墓場まで運ばれる)

例文

雀百まで踊り忘れずで、あの人はいまだに浮気癖が治らないのよ。

雀百まで踊り忘れずの関連情報

分類

索引語

まで踊り忘れる

TOP