同工異曲

読み

どうこういきょく

同工異曲の意味

手法や技量が同じであっても、味わいや趣きは様々であること。転じて、見かけは違っていても内容はほとんど同じであること。

同工異曲の解説

「工」は、巧みさや技量のこと。
元々は、音楽の演奏や詩文などについていった。

出典

韓愈『進学解』

注意

「同巧異曲」と書くのは誤り。

類義語

異曲同工/大同小異五十歩百歩どんぐりの背比べ

対義語

英語

例文

最近流行りの歌謡曲はどれも似たような歌ばかりで、同工異曲に思えるよ。

分類

索引語

同工異曲

TOP