牛に経文

読み

うしにきょうもん

牛に経文の意味

いくら説き聞かせても、何の効果もないことのたとえ。

牛に経文の解説

「経文」はお経のこと。
牛にお経を聞かせても、ありがたいと思わず、何の効果もないことから。

出典

注意

類義語

牛に向かって経を説く/牛に念仏馬に経文/馬に経文/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず馬の耳に念仏/犬に念仏猫に経/猫に経/豚に念仏猫に経/豚に念仏/兎に祭文/犬に論語/犬に伽羅聞かす/猫の耳に小歌/馬耳東風馬の耳に風蛙の面に水

対義語

英語

A nod is as good as a wink to a blind horse.(目の見えない馬にうなずいても目配せしても同じことだ)
To talk to the wind.(風に向かってしゃべる)

例文

周囲が見えなくなるほどのめり込んでいる彼に何を言っても牛に経文だ。

分類

索引語

経文

関連リンク

TOP