この親にしてこの子あり

この親にしてこの子ありの解説

【読み方】
このおやにしてこのこあり

【意味】
この親にしてこの子ありとは、このような優れた親だからこそ、立派な子が育つのだ。また逆に、悪い親だから、このようなだめな子が生まれるのだ。

【注釈・由来】
本来は「優秀な親から優秀な子」の意味だったが、誤用で「悪い親から悪い子」も意味するようになったといわれる。
しかし、良い意味でも悪い意味でも古くから使用されており、古典に由来する言葉でもないため、誤用からとするのは間違い。

【出典】

【例文】
良くも悪くも、この親にしてこの子ありだ。

【注意】

この親にしてこの子ありの関連語

【類義語】
この父にしてこの子あり/この父ありて斯にこの子あり/血は争えない/子は親の鏡/親に似ぬ子なし/親が親なら子も子蛙の子は蛙瓜の蔓に茄子はならぬ/狐の子は面白/蟹の子は爪白/蝮の子は蝮/乞食の子は乞食で終わる

【対義語】
親は親、子は子

【英語のことわざ】
・Like father, like son.(父と息子は似たもの)
・Like mother, like daughter.(母と娘は似たもの)

【索引語】
このある

【分類】
人間関係 > 親子
学問・才能・能力 > 才能がある,愚か・能力がない

TOP