非の打ち所がない

非の打ち所がないの解説

【読み方】
ひのうちどころがない

【意味】
非の打ち所がないとは、少しの欠点もなく、非難するところがない。完璧である。

【注釈・由来】
「非」という印を打てるような箇所がひとつもないという意味から。

【出典】

【例文】
・非の打ち所がない人間などこの世に存在しない。
・今回の最新作は、非の打ち所がない最高傑作に仕上がっている。
・社会的には非の打ち所がない人だったが、家庭においては非の打ち所しかない人だった。

【注意】
「火の打ち所がない」と書き誤らない。

非の打ち所がないの関連語

【類義語】
点の打ち所がない/間然するところがない/五分も透かない/坊様の頭でいうとこが無い/小野小町で穴がない/板倉殿の冷え炬燵/腹ぼての雪隠/四の五もない/四でよし五でよし/完璧/完全無欠

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
打ち所無い打つ

【分類】
評価・評判 > 完璧な

TOP