一粒万倍

読み方

いちりゅうまんばい

一粒万倍の意味・解説

一粒万倍とは、わずかな元手から多くの利益が上がることのたとえ。また、わずかなものでも無駄にしてはいけないという戒め。

由来などの解説

一粒の種を撒けば、それが実って何倍もの粒になるということから。
『報恩経』に「世間利を求むるは、田を耕す者より先なりはなし、一を種えて万倍す」とある。
稲の別称としても「一粒万倍」は用いる。

出典

『報恩経』

例文

皆が一粒万倍の気持ちで仕事に臨めば、やがて大会社になるだろう。

一粒万倍の類語・対義語

類義語

一滴万粒/一滴七十五粒/海老で鯛を釣る濡れ手で粟

対義語

勿体ないも卑しいから

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

一粒万倍

同じ音から始まる語

TOP