鶏口牛後

読み

けいこうぎゅうご

鶏口牛後の意味

大きな集団の末端にいて使われるよりも、小さな集団であっても長となるほうがよいというたとえ。

鶏口牛後の解説

「鶏口」とは、鶏の口の意味から転じて、小さな団体の長のたとえ。
「牛後」とは、牛の尻の意味から転じて、大きな団体に従って使われる者のたとえ。

出典

『史記』蘇秦列伝

注意

「鶏口」を「鶏頭」、「牛後」を「牛尾」とするのは誤り。
「牛後」を「午後」と書いたり、「ごご」と読み誤らない。

類義語

鶏口となるも牛後となるなかれ/寧ろ鶏口となるも牛後となるなかれ/鶏の口となるも牛の尻となるな/鶏尸牛従/鯛の尾より鰯の頭/大鳥の尾より小鳥の頭/獅子の尾となるよりも犬の頭となるほうがよい/龍の尾と成らんよりは鰯の頭と成れ/鯨の尾にならんよりいさざの頭になれ/芋頭でも頭は頭/乞食するなら頭になれ

対義語

鰯の頭をせんより鯛の尾に付け/寄らば大樹の陰長い物には巻かれろ

英語

Better be the head of a dog than the tail of a lion.(ライオンの尻尾になるより、犬の頭になるほうがよい)
Better be first in a village than second at Rome.(ローマの2位より村の1位になるほうがよい)

例文

大手焼肉チェーン店の従業員を辞めて、五坪ほどの小さな店だが焼き鳥屋を始めた。鶏口牛後だ。

分類

索引語

鶏口牛後

関連リンク

TOP