藪をつついて蛇を出す

藪をつついて蛇を出すの解説

【読み方】
やぶをつついてへびをだす

【意味】
藪をつついて蛇を出すとは、余計なことをして、かえって悪い結果をまねくことのたとえ。

【注釈・由来】
藪をつついてわざわざ蛇を追い出し、その蛇に噛まれるという愚かさから、せっかくおさまっているものを、いらぬことをしてかえって災いを招くことをいう。

【出典】

【例文】
訴訟を起こすだなんて、そんな藪をつついて蛇を出すようなことをしなくても。そもそも非はこちらにあるのだから。

【注意】
藪から棒」と混同して、出し抜けに物事を行うの意で使うのは誤り。
誤用例 「突然、藪をつついて蛇を出すかのように、何の話をしているんだい?」

藪をつついて蛇を出すの関連語

【類義語】
藪をたたいて蛇を出す/藪蛇草を打って蛇を驚かす/草を打って蛇に驚く/草を踏みて蛇を驚かす/打草驚蛇/手を出して火傷する/寝た子を起こす毛を吹いて疵を求む

【対義語】

【英語のことわざ】
・It is ill to waken sleeping dogs.(寝ている犬を起こすのは間違い)
・Let sleeping dogs lie.(眠った犬はそっとしておけ)

【索引語】
つつく出す

【分類】
人生・社会 > 不運・災難・凶事
評価・評判 > 過剰

TOP