女房と畳は新しい方が良い

女房と畳は新しい方が良いの解説

【読み方】
にょうぼうとたたみはあたらしいほうがよい

【意味】
女房と畳は新しい方が良いとは、何でも新しいほうが気持ちが良いというたとえ。

【注釈・由来】
若い妻と新しい畳は、いつもすがすがしくて気分がよいものだということから転じて、新しいものはすべてすがすがしくて美しいということ。
男性本位であった封建時代のことわざで、現代では使える場が少なくなっている。

【出典】

【例文】
・女房と畳は新しい方が良いという言葉があるけれど、人も物も、新しいものより付き合いが長くて古くなったものほど、自分に馴染むというものだよ。
・女房と畳は新しい方が良いと言って、モデルチェンジのたびに車を買い替えている。
・女房と畳は新しい方が良いとはよく言ったもので、最新エアコンの性能には驚いたよ。

【注意】

女房と畳は新しい方が良いの関連語

【類義語】
嬶と畳は新しい方がいい/女房と菅笠は新しいが良い/嬶と敷き筵は敷き替えれば敷き替える程良い/女房と茄子は若いが良い

【対義語】
女房と米の飯には飽かぬ/女房と鍋釜は古いほど良い/女房と味噌は古いほど良い/女とワインは古い方がいい

【英語のことわざ】
・Everything new is fine.(新しいものはすべて美しい)

【索引語】
女房新しい良い

【分類】
人間関係 > 夫婦・男女

TOP