輪を掛ける

読み方

わをかける

輪を掛けるの意味・解説

輪を掛けるとは、程度を一層はなはだしくする。誇張する。

由来などの解説

そのものに輪を付け加え、一回り大きくするの意から。
樽を締める箍(たが)を付けることで、樽が元の寸法より大きくなることからや、弓道の弦に輪をかけることで、矢がよく飛ぶことからという俗説もあるが、何か特定のものに輪をかけたことが由来になっている言葉ではない。

例文

彼は父親に輪をかけて金に細かい。

輪を掛けるの類語・対義語

類義語

之繞を掛ける/衣を掛ける/嵩を懸く/嵩を着す/重を越す/輪に輪を掛ける

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

掛ける

同じ音から始まる語

TOP