水を差す

読み

みずをさす

水を差すの意味

物事がうまくいっているときに邪魔をする。乱すことのたとえ。また、仲の良い者同士を仲違いさせること。

水を差すの解説

熱い湯や濃いものに水を入れて、ぬるくしたり薄めたりする意味から。

出典

注意

「水を注す」と書いてもよいが、「水をそそぐ」というのは誤り。

類義語

水を掛ける/茶々を入れる/半畳を入れる/横槍を入れる

対義語

英語

To put (or throw) water in one’s wine.(酒の中に水を入れる)

例文

一致団結して順調に進めてきたのに、どうして水を差すような発言をするのだ。

分類

索引語

差す

TOP