生き馬の目を抜く

生き馬の目を抜くの解説

【読み方】
いきうまのめをぬく

【意味】
生き馬の目を抜くとは、すばしっこく人を出し抜き、抜け目がなくて油断できないさまのたとえ。

【注釈・由来】
生きている馬の目を抜き取るほど、すばやく抜き取ってしまうの意味から。

【出典】

【例文】
・生き馬の目を抜く敏腕営業マンといっても、彼は人間味に欠けているから信用できない。
・生き馬の目を抜く芸能界で活躍し続けるのは、並大抵のことではない。
・生き馬の目を抜く人たちばかりの厳しい世界に疲れ果て、田舎で晴耕雨読の暮らしを始めた。

【注意】
驚きの形容で使うのは誤り。
誤用例 「予想外の展開に、彼は生き馬の目を抜くほど驚愕していた」

生き馬の目を抜くの関連語

【類義語】
生き馬の目を抉る/生き牛の目を抜く/生き牛の目を抉る/油断も隙もない/隅に置けない/尻毛を抜く

【対義語】

【英語のことわざ】
・Water sleeps, the enemy wakes.(水は眠っても敵は眠らず) ※「油断も隙もない」という意味。

【索引語】
生き馬抜く

【分類】
人間関係 > 出し抜く

TOP