踏んだり蹴ったり

読み

ふんだりけったり

踏んだり蹴ったりの意味

重ね重ねひどい目にあうことのたとえ。また、何度もひどい目にあうことのたとえ。

踏んだり蹴ったりの解説

ひどい目にあうのに「踏まれたり蹴られたり」ではなく、「踏んだり蹴ったり」と言うのは、元々、痛めつけたりする側の行為を表す言葉だったからである。
何度もひどい目にあわせている様子を客観的に言うと「あれは踏んだり蹴ったりだな」となり、ひどいことが重なる意味のみで、する側される側の区別がない表現になるため、ひどい目にあう側も「踏んだり蹴ったり」と言うようになった。

出典

注意

類義語

泣きっ面に蜂/痛い上の針/傷口に塩を塗る痛む上に塩を塗る弱り目に祟り目/落ち目に祟り目/病む目につき目/鬼は弱り目に乗る/こけた上を踏まれる/瘤の上の腫れ物/転べば糞の上/転んだ上を突き飛ばす/損して恥かく/頼む木の下に雨漏る/不幸は単独では来ない/痩子に蓮根/病み足に腫れ足/弱身につけこむ風の神

対義語

英語

Put not fire to fire.(火に火を加えるな)

例文

妻には愛想を尽かされ、親には勘当され、会社をクビになり、踏んだり蹴ったり殴ったりの人生だ。

分類

索引語

踏む蹴る

TOP