盲亀の浮木

読み方

もうきのふぼく

盲亀の浮木の意味・解説

盲亀の浮木とは、出会うことが甚だ困難であることのたとえ。また、めったにない幸運にめぐり合うことのたとえ。

由来などの解説

大海の底にすみ、百年に一度だけ海面に出てくる盲目の亀が、海面に浮かぶ一本の木に出会い、その木にあいている穴に入ることは容易ではないという、仏教の説話に由来する。
もとは、仏または仏教の教えにめぐり合うことが、非常に難しいことをいった。

出典

『雑阿含経』『涅槃経』

例文

彼との出会いは盲亀の浮木であったことに、今さら気がついた。

盲亀の浮木の類語・対義語

類義語

盲亀浮木に値う/盲亀の浮木、優曇華の花/浮木の盲亀大空を見る/浮き木に会える亀/一眼の亀浮木に逢う/千載一遇/曇華一現

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

盲亀浮木

同じ音から始まる語

TOP