蝸牛角上の争い

読み

かぎゅうかくじょうのあらそい

蝸牛角上の争いの意味

些細なことや、狭い世界でのつまらない争いのたとえ。

蝸牛角上の争いの解説

「蝸牛」は、カタツムリの異称。
カタツムリの左の角に国を持つ触氏と、右の角に国を持つ蛮氏とが、カタツムリの角の上で領地を争ったという『荘子・則陽』の寓話から。

出典

注意

類義語

蝸牛の角の争い/蝸牛の角争い/蝸牛の角目立つ/蝸牛角上/蝸牛の角の上に何事をか争う/蝸角の争い/蛮触の争い/蛮触の戦い/かたつむりの角争い/コップの中の嵐

対義語

英語

A storm in a teacup.(コップの中の嵐)

例文

どちらが先に言ったとか、言わないとか、そんなことで一体いつまで喧嘩を続ける気なんだ?そういうのを蝸牛角上の争いと言うんだよ。

分類

索引語

蝸牛争い

関連リンク

TOP