危ない橋も一度は渡れ

危ない橋も一度は渡れの解説

【読み方】
あぶないはしもいちどはわたれ

【意味】
危ない橋も一度は渡れとは、安全で堅実な方法ばかりでは成功はおぼつかないから、一度は危険を承知で冒険してみよという教え。

【注釈・由来】
危ない橋でも、それを渡らなければ川の向こう側には辿り着けないことから。

【出典】

【例文】
危ない橋も一度は渡らなければ、事業を拡大することはできない。

【注意】

危ない橋も一度は渡れの関連語

【類義語】
虎穴に入らずんば虎子を得ず危ない所に登らねば熟柿は食えぬ千金の珠は必ず九重の淵の而も驪龍の頷下に有り

【対義語】
君子危うきに近寄らず危ない事は怪我のうち命を知る者は巌牆の下に立たず

【英語のことわざ】
・Nothing venture, nothing have.(何の冒険もしなければ何も得られない)

【索引語】
危ない一度渡る

【分類】
人生・社会 > 成功・出世
状態・程度 > 危ない

TOP