秋の日は釣瓶落とし

読み方

あきのひはつるべおとし

秋の日は釣瓶落としの意味・解説

秋の日は釣瓶落としとは、秋の日暮れが早いことのたとえ。

由来などの解説

「釣瓶」とは、水を汲むために竿や縄の先につけて、井戸の中におろす桶のこと。
秋の日は釣瓶が井戸に滑り落ちるように早く沈み、あっという間に暮れてしまうということ。

例文

秋の日は釣瓶落としで、夕焼け空になったと思ったら、もう真っ暗だ。

注意

「日」を日にち・日数の意味で使うのは誤り。
誤用例 「秋の日は釣瓶落としで、あっという間に冬が来る」

秋の日は釣瓶落としの類語・対義語

類義語

秋の日の鉈落とし

対義語

春の日は暮れそうで暮れぬ

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

釣瓶落とし

同じ音から始まる語

TOP