雨後の筍

読み方

うごのたけのこ

雨後の筍の意味・解説

雨後の筍とは、同じような物事が次々と現れることのたとえ。

由来などの解説

雨が降った後は、筍が続々と生えてくることからいう。
「雨後の竹の子」とも書く。

例文

国道沿いには雨後の筍の如くラーメン屋がオープンし、ラーメン激戦区となった。

注意

成長が早い意味で使うのは誤り。
誤用例 「子供の成長は目を見張る速さで、まるで雨後の筍のようだ」

雨後の筍の類語・対義語

類義語

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

雨後

同じ音から始まる語

TOP