喉元過ぎれば熱さを忘れる

読み

のどもとすぎればあつさをわすれる

喉元過ぎれば熱さを忘れるの意味

苦しいことも過ぎてしまえば、その苦しさや恩も簡単に忘れてしまうということ。

喉元過ぎれば熱さを忘れるの解説

熱いものでも飲み込んでしまったら(喉元のあたりを過ぎてしまったら)、その熱さを忘れてしまうことから。
多くは、人間の忘れやすい性質を批判する文脈で使われる。
『江戸いろはかるた』の一つ。

出典

「熱さ」を「暑さ」と書くのは誤り。

注意

類義語

喉元通れば熱さを忘れる/暑さ忘れて陰忘る/雨晴れて笠を忘る/魚を得て筌を忘る/難産色に懲りず/病治りて医師忘る/病治りて薬師忘る/喉元過ぎればなんとやら

対義語

英語

The danger past and God forgotten.(危険が過ぎると神は忘れ去られる)
Vows made in storms are forgotten in calms.(嵐の時になされた誓いは、平穏な日には忘れられる)

例文

あれだけ返済に苦労したのに、喉元過ぎれば熱さを忘れるで、また多額の借金をしてるよ。

分類

索引語

喉元過ぎる熱さ忘れる

TOP