死中に活を求める

読み方

しちゅうにかつをもとめる

死中に活を求めるの意味・解説

死中に活を求めるとは、絶望的な状況で、生き延びる道を探すことのたとえ。転じて、窮地の打開策として、あえて危険な道を選ぶことにもいう。

由来などの解説

「死中」とは、死や破滅を待つ以外にない絶望的な状況を意味し、「活」は生きることを意味する。
助かる道のほとんどない状況から、なんとか生きる方法を見出そうとすること。
『後漢書・公孫述伝』に「男児当に死中に生を求むべし。坐して窮すべけんや」とある。

出典

『後漢書』『晋書』

例文

死中に活を求めて、その試合ではなんとしてでも勝つという心意気でのぞんだ。

注意

「死中に活を入れる」というのは誤り。

死中に活を求めるの類語・対義語

類義語

死中に活を求む/死中に生を求める/肉を切らせて骨を断つ/皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を切る/身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ背水の陣/死地に陥れて後生く/死地に陥れ然る後に生く/糧を捨てて船を沈む

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

死中求める

同じ音から始まる語

TOP