閑古鳥が鳴く

読み方

かんこどりがなく

閑古鳥が鳴くの意味

人が訪れず、さびれてものさびしいさま。特に、商売などがはやらないさま。

由来などの解説

閑古鳥とは、カッコウの別称。
人のいない閑寂な山里で、カッコウの鳴き声がもの悲しく聞こえるさまから。

例文

不景気で、温泉街も土産店も、閑古鳥が鳴く寂しさだ。

閑古鳥が鳴くの追加情報

注意

暇があるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「閑古鳥が鳴くほど暇を持て余していたから、彼からの誘いは嬉しかった」

類義語

門前雀羅を張る/鳥の網張る宿

対義語

門前市を成す/門前市の如し/門庭市の若し/市を成す

英語

To have little business.(ほとんど商売にならない)

閑古鳥が鳴くの分類やキーワードから他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

閑古鳥鳴く

TOP