紅一点

紅一点の解説

【読み方】
こういってん

【意味】
紅一点とは、同じような多くの物の中で、一つだけ異彩をはなつもの。また、多くの男性の中に、一人だけ女性が入っていることのたとえ。

【注釈・由来】
紅一点は、多くの緑の葉の中に、ただ一輪、紅色の花が艶やかに咲いている意味からで、「万緑叢中紅一点」の略。
王安石の詩『石榴を詠ず』に「万緑叢中紅一点、人を動かすに春色多きを須いず(人の心を動かす春の景色に多くのものは要らない。赤い一輪の花だけで充分だ)」とある。

【出典】
王安石・詩『詠柘榴』

【例文】
・学生時代からの仲良しグループに紅一点、彼女が混ざっていた。
・紅一点が退社してしまい、男ばかりの職場になった。
・ゴレンジャーの紅一点だったモモレンジャーが、何レンジャーと付き合っているのか子供の頃から気になっていた。

【注意】
「赤一点」とするのは誤り。

紅一点の関連語

【類義語】
一点紅/万緑叢中紅一点/万緑叢中一点の紅/鶏群の一鶴掃き溜めに鶴泥中の蓮

【対義語】

【英語のことわざ】

【索引語】
一点

【分類】
評価・評判 > 唯一
状態・程度 > 目立つ

TOP