我田引水

読み

がでんいんすい

我田引水の意味

他人のことを考えず、自分に都合が良いように考えたり、物事を行ったりすること。

解説

限りある水を自分の田んぼにだけに引き入れ、他人の田んぼのことは一切考えないことから。
江戸時代には「我が田へ水を引く」「我が田に水引く」などの形で用いていたが、明治時代以降、四字熟語の形で使われるようになった。

我田引水の追加情報

出典

注意

類義語

我が田へ水を引く/我が田に水引く/己が田へ水を引く/田へ水を引く/粉屋は皆自分の水車に水を引く/勝手な熱を吹く/勝手な真似をする/我意を通す/我意に任す/牽強付会/鮪の打ち鉤/革にまさるものなし/得手勝手/自分勝手/手前勝手/暴戻恣睢

対義語

英語

Every miller draws water to his own mill.(粉屋はみな自分の製粉場へ水を引いてくる)

例文

そんな自己中心的な考えは、我田引水というものだ。

我田引水の関連情報

分類

索引語

我田引水

TOP