三人寄れば文殊の知恵

三人寄れば文殊の知恵の解説

【読み方】
さんにんよればもんじゅのちえ

【意味】
三人寄れば文殊の知恵とは、凡人であっても三人集まって考えれば、すばらしい知恵が出るものだというたとえ。

【注釈・由来】
「文殊」は、知恵をつかさどる菩薩のこと。
凡人でも三人で集まって相談すれば、文殊に劣らぬほどよい知恵が出るものだということ。

【出典】

【例文】
・三人寄れば文殊の知恵というじゃないか。解決策はないと諦めないで、みんなで話し合って知恵を出し合おう。
・三人寄れば文殊の知恵というもので、一人で考えていた時には浮かばないアイデアが次々と出てきた。
・三人寄れば文殊の知恵というように、みんなで話し合っていると、他の人の言葉がヒントになって新たな考えが生まれるものだ。

【注意】
文殊は菩薩の一人であるが、「三人寄れば菩薩の知恵」というのは誤り。
凡人が集まる意なので、目上の人に使う時は注意が必要。

三人寄れば文殊の知恵の関連語

【類義語】
三人寄れば師匠の出来/一人の文殊より三人のたくらだ/一人の文殊より十人のたくらだ/一人の好士より三人の愚者/十人寄れば十里の事/三人にして迷うことなし/衆力功をなす

【対義語】
三人寄っても下種は下種/船頭多くして船山に上る謀夫孔だ多し、是を用て集らず下手の大連れ

【英語のことわざ】
・Two heads are better than one.(一人の頭より二人の頭の方がまさっている)
・Two eyes can see more than one.(二つの目は一つの目より多くものを見ることができる)

【索引語】
三人寄る文殊知恵

【分類】
人間関係 > 団結・通じ合う
学問・才能・能力 > じっくり考える

TOP