後の雁が先になる

読み方

あとのかりがさきになる

後の雁が先になるの意味

後から来た者が先を行く者を追い越すこと。

由来などの解説

雁は一列に並んで飛んでいるが、後尾についていた雁が前に出て雁行が乱れる様子から、先の者が油断している隙に追い越すさまをいう。
後輩が先輩の力量・地位・権力・財産などを凌いで出世することのほか、年下の者が先に死ぬことにもいう。
「雁」は「がん」とも読む。

例文

後の雁が先になるということもあるのだから、この成績をキープするよう努力を怠ってはいけない。

後の雁が先になるの追加情報

注意

後から来た者に道を譲るの意味で使うのは誤り。
誤用例 「後の雁が先になるというように、そろそろ新人に座を譲って私は引退しようと思う」

類義語

後の雁/先の雁が後になる/後の烏が先になる/後の舟かえって先になる

英語

Many that are first shall be last; and the last shall be first.(多くの先の者は後になり、最後の者は先になるだろう)
Last in bed best heard.(一番朝寝坊の者が一番聞いてもらえる)

後の雁が先になるの分類やキーワードから他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

なる

TOP