菜の葉に塩をかけたよう

菜の葉に塩をかけたようの解説

【読み方】
なのはにしおをかけたよう

【意味】
菜の葉に塩をかけたようとは、人が元気をなくし、しょんぼりしているさま。

【注釈・由来】
菜の葉に塩をかけると、水分が出てしおれることから。

【出典】

【例文】
あの出来事以来、菜の葉に塩をかけたように元気をなくし、誰とも話さなくなった。

【注意】

菜の葉に塩をかけたようの関連語

【類義語】
青菜に塩青菜に湯青菜を湯に漬けたよう蛞蝓に塩蛭に塩鬼の霍乱

【対義語】
水を得た魚のよう

【英語のことわざ】

【索引語】
かけるよう

【分類】
感情・心理 > 落ち込む

TOP