いつまでもあると思うな親と金

読み

いつまでもあるとおもうなおやとかね

いつまでもあると思うな親と金の意味

独立心を養い、倹約を心がけよという戒め。

いつまでもあると思うな親と金の解説

いつまでも親が面倒をみてくれるわけではなく、親はいつか死ぬものであり、あると思っていても金は使えばなくなってしまうという意味から。
誰かに頼る心を捨て、倹約を心がけて生きていけということ。

出典

注意

あるうちに利用しろという意味で使うのは誤り。
誤用例 「いつまでもあると思うな親と金というから、親が生きているうちに沢山お金を出してもらおう」

類義語

いつまでも無いと思うな運と災難

対義語

英語

It is too late to grieve when the chance is past.(好機を逃してから悲しんでも遅すぎる)

例文

いつまでもあると思うな親と金だ、君はもう少し自立した将来設計を立てたほうがいい。

分類

索引語

いつまである思ういつまで

TOP