灰吹きから蛇が出る

読み方

はいふきからじゃがでる

灰吹きから蛇が出るの意味・解説

灰吹きから蛇が出るとは、思いがけないこと、ありえないことが起こること。また、わずかなことが大事に至ること。

由来などの解説

「灰吹き」とは、タバコ盆についているタバコの吸い殻を入れる筒のことで、その灰吹きから蛇が出るくらいありえないということ。
「蛇」は「へび」とも読む。

例文

余命三ヶ月と言われていたのに三年も生きているだなんて、灰吹きから蛇が出るとはこのことだ。

注意

予測が不可能ではない範囲のことが起きるときに使うのは誤り。
誤用例 「天気予報では晴れだったのに、曇るだなんて、灰吹きから蛇が出るようなものだ」

英語のことわざ

Mows may come to earnest.(冗談で言ったことが本物になることがある)

灰吹きから蛇が出るの類語・対義語

類義語

灰吹きから大蛇が出る/灰吹きから竜が上がる/瓢箪から駒が出る煎り豆に花が咲く

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

灰吹きから出る

同じ音から始まる語

TOP