推敲

読み

すいこう

推敲の意味

詩や文章の表現を何度も練り直すこと。

解説

唐の詩人、賈島が「鳥は宿る池中の樹、僧は敲く月下の門(鳥は池中の小島の樹の上に宿っている、一人の僧がやって来て月に照らされた門を叩いている)」という自作の詩において「敲く」にすべきか「推す」にすべきかを馬に乗りながら思い悩んでいると、韓愈の行列にぶつかり捕らえられてしまった。
賈島がわけを話すと、韓愈は「敲くにしたほうがよい」と助言し、二人は馬を並べて詩について語り合ったという故事に由来する。

推敲の追加情報

出典

『唐詩紀事』

注意

「推考」と書くのは誤り。

類義語

月下推敲/に、はを崩して、のにする/彫琢/彫章琢句

対義語

英語

例文

推敲に推敲を重ね、ようやく新しい小説が完成した。

推敲の関連情報

分類

索引語

関連リンク

TOP