海千山千

読み方

うみせんやません

海千山千の意味・解説

海千山千とは、経験が豊かで抜け目がなく、しぶとくずるくなっていくことのたとえ。

由来などの解説

海に千年、山に千年住んだ蛇は竜になるという言い伝えからできたことわざ「海に千年山に千年」の短縮形。
竜ともなれば、蛇などは相手にならないことから、経験を積んで世間の裏表を知り、したたかになるさまや、そのような人をいう。

例文

あの人は海千山千の商売人だから気をつけた方がいい。

注意

芸事や技術などの経験を積む意味や、褒め言葉として使うのは誤り。
誤用例 「幼少のときから子役をしているだけあって、海千山千の名演技でしたね」

英語のことわざ

As cunning as Captain Drake.(ドレイク提監のように老練な)
※ ドレイク提監とは、16世紀のイギリスの提監で、地球を周航した最初のイギリス人。抜け目のない人としても有名だった。

海千山千の類語・対義語

類義語

海に千年山に千年/海千河千/海に千年河に千年/山に千年海に千年/老獪/一筋縄ではいかない/下腹に毛が無い/背中が禿げる/鳥居を越す/百戦錬磨/千軍万馬

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

参考リンク

同じ音から始まる語

TOP