人の噂も七十五日

読み

ひとのうわさもしちじゅうごにち

人の噂も七十五日の意味

世間で人があれこれ噂をしていても、それは長く続くものではなく、やがて自然に忘れ去られてしまうものだということ。

人の噂も七十五日の解説

どんな噂が立ってもそれは一時的なものに過ぎず、二、三カ月も経てば消えていくものだから、放っておけば良いという意味が込められている。
「七十五日」になった理由は所説あるが、もっとも一般的で有力な説として以下の説が挙げられる。
昔は、春夏秋冬の他に、土用の丑の日を含めた五季節という考え方があり、一年の365日を5で割ると73になる。
また、昔の暦は春夏秋冬の期間が、年によって70~75日あったことから、七十五日はひとつの季節を表すという。

出典

注意

「七十五日」を「四十五日」「四十九日」「七十九日」などとするのは誤り。

類義語

世の取り沙汰も七十五日/噂七十五日/善きも悪しきも七十五日/人の上は百日

対義語

英語

A wonder lasts but nine days.(驚きも九日しか続かない)

例文

人の噂も七十五日だから、時が解決してくれるよ。

分類

索引語

七十五日七十五

TOP