蛇は寸にして人を呑む

読み方

じゃはすんにしてひとをのむ

蛇は寸にして人を呑むの意味・解説

蛇は寸にして人を呑むとは、優れている人物は、幼いときから常人とは違ったところがあることのたとえ。

由来などの解説

蛇はわずか一寸(約3センチメートル)ほどのものでも、人間を呑みこもうとする気迫を持っていることから。

例文

この子は蛇を寸にして呑む気が感じられる。

蛇は寸にして人を呑むの類語・対義語

類義語

蛇は一寸にして人を呑む/蛇は寸にして呑気あり/蛇は一寸にしてその気を得る/蛇は寸にしてその気を現わす/蛇は寸にして人を呑むの気あり/蛇は一寸にしてその気あり/蛇は一寸にして兆し現わる/虎豹の駒は食牛の気あり/虎子地に落ちて牛を食らうの気あり/食牛の気/竜は一寸にして昇天の気あり/竜の子は小さしといえども能く雨を降らす/栴檀は双葉より芳し/梅花は莟めるに香あり/実の生る木は花から知れる/良竹は生い出るより直ぐなり/啄木鳥の子は卵から頷く

対義語

大器晩成/秀才は晩成にしかず/大きい薬缶は沸きが遅い十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

呑む

同じ音から始まる語

TOP