いざ鎌倉

読み方

いざかまくら

いざ鎌倉の意味・解説

いざ鎌倉とは、さあ大変だ、一大事が起こった、という気持ちを込めて使う言葉。

由来などの解説

鎌倉時代、幕府に一大事が起きると、諸国の武士たちは鎌倉へ招集され、「いざ鎌倉」と馳せ参じなくてはならなかったことから。
謡曲『鉢木』にある、佐野源左衛門常世が家に泊めた旅の僧に「鎌倉に一大事が起こったなら、一番乗りに馳せ参ずる」と覚悟の上で語った話が由来とされる。

例文

いざ鎌倉という場合に備えて、いつでも動ける準備をしておかねばならない。

注意

ただ単に「鎌倉へ行く」という使い方は、用法としては誤り。
誤用例 「いざ鎌倉だ、この連休を鎌倉旅行で満喫しよう」

一大事が起こったときであっても、馳せ参じるという意味を込めず、逃げ出すときなどに使うのは誤り。
誤用例 「快晴だった山の天気が大嵐に変わると知って、いざ鎌倉と一目散に逃げたよ」

いざ鎌倉の類語・対義語

類義語

すわ鎌倉

対義語

他のことわざを調べる

逆引き分類

キーワード

いざ鎌倉

同じ音から始まる語

TOP